【女性のメリットを紹介】20代で結婚相談所を利用するのがオススメ

ニュース一覧

相手の人生に必要な存在に

新郎新婦

日頃の支えと逢瀬のムード

遠距離恋愛から破局を迎えるカップルは多いですが、逆に遠距離恋愛だからこそ、結婚というゴールに辿り着いたというカップルも少なくありません。つまり遠距離恋愛は、二人の距離を開くことにも縮めることにもつながるということです。具体的には、お互いを気遣い、支え合うことで距離を縮めやすくなります。遠距離恋愛では基本的には双方が寂しさを募らせることになりますが、それを理由に相手を縛りすぎることは禁物です。縛られた方は窮屈な状態が負担となり、逃れることを希望するようになるからです。しかし縛るのではなく、栄養状態や体調管理などを気遣いつつ、状況に応じて適切なフォローをしていれば、相手の生活において必要な人間になることができます。そしてこれが、結婚を意識するきっかけとなるのです。また、遠距離恋愛だと頻繁に会うことは困難ですが、その分久しぶりの逢瀬では、日頃から顔を合わせていた時よりも気持ちが盛り上がります。このムードを大事にし、思う存分逢瀬を楽しめば、次の逢瀬が楽しみになります。これにより二人の仲が深まれば、心は結婚へと一層強く向かっていくことになるのです。このように遠距離恋愛は、結婚までの有効なショートカットにもなりえるのです。結婚すれば、必然的に相手の体や心を支える生活がスタートすることになります。その予行演習のつもりで遠距離恋愛に臨めば、それだけお互いが人生になくてはならない存在となり、ゴールインできる可能性が高まります。